目的

ヒアリングルーム

予備校で漠然と英語を選択して勉強する人がおりますが、なんとなくでは中々力になります。英語を勉強することで自分が将来どのようになりたいのか、どう活かしたいのかを明確に決めた上で利用するようにして下さい。

Read more

抑えたい点

学生

学問は誰しも学ぶ事でしょう。その学問を習えるのは学校だけではなく塾といったサービスで勉強を習う事が出来るのですが塾の決め方には決める要素があるのでここで抑えておきましょう。

Read more

英語を身につける

本を持ちこちらを見る子ども

小学生でも幼児であっても適切な教育が受けられる家庭教師を奈良で利用してみましょう。それぞれのレベルに合わせて指導してもらえます。

参考書を暗記するまで熟読。

日本人に英語が苦手な人が多いのは、大学受験勉強に原因があるのではと言われたりする事があります。確かに大学受験の英語の勉強は文法に重点を置いていました。しかし、文法をきちんと勉強していれば、英語の聴き取りにも会話力にもつながります。ネイティヴスピーカーの速く弱く発音する代名詞や前置詞などは聴き取り難いのですが、文法を理解していれば完全なフレーズとして聴き取れます。また、大学受験勉強の英語の文型を暗記していれば、単語を入れ替えれば会話に生かせます。大学受験のための参考書が書店に並んでいます。自分に適した参考書を選び繰り返し声に出して読む事が効果的と言われます。耳と目から英語が体に入るからです。最も、効果的で経済的な学習法です。

文法が身についたらスピーキングを磨く。

グローバル社会になり、国際語である英語の必要性も高くなりました。もう一度、英語を学び直す機会も増えました。そんな時、大学受験で勉強した文法の基礎は必ず生きてきます。現代は映画でもテレビでも生きた英語が耳から容易に入ってきます。ただ聞き流すだけでなく、文法の基礎的な事が身についていれば、聴き取りの効果は倍増します。大学受験の英作文は難しいものですが、ネットでネイティヴの書いた文章も参考に出来ます。多くの大学受験のための教室もあります。しかし、英語はある段階までは独学が効果的と言われます。大学受験の参考書、あるいは高校受験の参考書を学び直すことが上達への早道です。そして、スピーキングを英語教室などで学びます。